2015年2月11日水曜日

フィリピン旅行

日本に本帰国する前、フィリピンのセブ島とマニラへ旅行に行ってきた。フィリピン、とくにマニラは下調べの段階でネット上に悪い評判しかなく、かなり身構えて行ったが、それなりには楽しめた。

マクタン島ホテルのプライベートビーチとホテル周辺
セブ島は語学留学も多いし、ハワイのようなリゾート地をイメージしていたが、行ってみると全くそんなことはなかった。セブ島はかなりイメージ戦略がうまいと思う。滞在したのはセブ島に隣接したマクタン島だったが、ホテルの所有地とショッピングモール以外は、建物や道路も整備されていない。世界はショッピングモールとホテルだけがグローバルに均一化しているが、その内と外で分断している。

フィリピンはキリスト教国でかなり信仰も厚い。滞在していた時期がちょうどローマ法王の滞在時期と被っていて、飛行機や街中の交通が麻痺していた。マニラは法王の滞在時期は祝日になったようだ。タクシーでも十字架をミラーにぶら下げているドライバーが多かった。

セブシティーのジプニー

フィリピンの街中で印象的だったのはジプニーだった。これはバスとタクシーの中間ぐらいの役割を持ったもので、街中で相乗りしてどこかに向かう。現地の住人向けで、観光客が乗るのは難易度が高い。これはたぶん個人がハイエースのような車を買って、それを改造して10人くらい乗れるようにしているのだが、デコトラみたいにそれぞれの車が独自の装飾を施している。ここにもローカルなヤンキーカルチャーは存在する。

ズブチョンのシシグ
フィリピンのローカルフードは基本的に挽き肉を濃い味で炒める系のものが多い。シシグという豚の挽き肉を炒めたものが美味かった。あとLaingというココナッツミルクと何かの菜っ葉を混ぜて煮込んだようなものも美味かった。セブにあるズブチョンというレストランがおすすめ。日清のカップ麺でそばめしを売ってるのをよく見かけたが、そばめし系の味がフィリピン人の好みのようだ。しかし化学調味料系の味が多いし、野菜を全然食べないので、ヘルシーではないだろう。味の素は実は見えないところで世界の胃袋を支配しているのかもしれない。

北京のPLAY
中国は偽物大国のイメージが強いが、いかにも偽物っていう商品は最近減ってきていて、偽物であっても結構質が高かったりする。一方フィリピンではチープな偽物であふれていた。アジアではギャルソンのPLAYの偽物をよく見かける。たぶんギャルソンが高級品、というよりもハート型のトレードマークがかわいい、という理由によるものなのだろう。

フィリピンで酷かったのはぼったくりだ。街中でぼったくりに会うのならまだ分かるが、空港内に店を構えているタクシー業者やポーターがぼったくりなのには驚いた。空港内のサービスだからといって、安心して金を出さない事を忠言しておきたい。英語が通じてアメリカナイズドされていると言っても、インフラや一般的な生活水準はまだまだ不備が多いように感じた。フィリピンから北京に戻ってきたら、北京はああ見えても結構近代的で文明的な所なのだなと再認識した。