2014年12月16日火曜日

Generative Typography

この記事はProcessing Advent Calendar 2014の企画の一部です。Ammon OwedによるGenerative Typographyに触発され、Processingを使ったジェネレイティブな3Dタイポグラフィ作品を作ってみました。

This article is for Processing Advent Calender 2014. Inspired by Ammon Owed, I have made generative-typographical 3D works.







これらはAmmonのsketchを改変してプログラミングしています。作成にはGeomerativeライブラリとHeMeshライブラリを使っていて、まずGeomerativeで既存のフォントをメッシュ化し、それをHeMeshでいじくって描画しています。HeMeshは豊富なmodifyクラスsubdivideクラスが用意されており、元のメッシュからかなり自由に変形することができます。AmmonのHeMesh GUIを使えば、GUIを使ってメッシュの変形を操作することができます(このHeMesh GUIはProcessing 1.5.1対応なので、新しいバージョンのProcessingで使うにはちょっとコードを書き換える必要があります)。

These graphic works are made by a modified Ammon's sketch. The sketch uses Geomerative library and HeMesh library: create a mesh from a type by Geomerative, and modify the mesh by HeMesh. HeMesh provides numerous variations of modify classes and subdivide classes, which deform meshes very freely. Ammon also provides HeMesh GUI, which enable to create, modify and subdivide a mesh using GUI (the current version of HeMesh GUI is for Processing 1.5.1, so you need to modify the code a bit if you use it in Processing 2.*)